2014年3月九州ツアー「小粋夜会」


ごきげんよう。
北九州のことを地元と言い始めた、岡村トモ子です。

「地元」ってなんだろうと思ったのでググりました。
「地元」とは…
1.そのことに直接関係ある土地。
2.その人が居住している土地。また、その人の勢力範囲である土地。

ふむふむ。
主に前者だね、わたしと北九州。
はい!直接関係指せていただいております!

高校生の頃は小倉にお買いものにいってました。
チャチャタウンの観覧車に会ってよく知りもしない男性と乗りました。
OCMのサンドイッチ何回食べたかわかりません。
耕治のラーメン幾度となく食べました。
甥っ子と映画「A.I.」見に行ったらクライマックスでポップコーン食べ過ぎた甥っ子がトイレに駆け込み、なぜかこっちまでソワソワしてクライマックスの記憶ありません。
高3のクリスマスイブは門司港駅でともだちの浮気現場を目撃しました。

これだけエピソードあれば「1.」の条件満たしてるね。
というわけで、「地元」に語弊なし。

地元でのツアーも9回目となりました。
そしてイーガル氏とのツアーは2回目。

初日が緊張です。
初日は北九州在住のお二方とのトリオだから。
毎度九州のツアーは緊張しますが、特にこのお二人とコラボするのは別段緊張します。

わたしの九州での活動の恩人である心やさしいギタリスト白石二郎さん、そして超淡麗辛口な素敵過ぎるベーシストYUKIさん。




今回は二郎さんからの提案でバップやろうってことで。
OleoとかScrapple AppleとかBohemia After Darkとか練習して(こういう本気練習ひさしぶり)
初日に臨んだわけで。

とても気持ちのいい夜だったから急遽「Blue Moon」もセットに加えてみました。へへ。




なんかYUKI様が背後霊のようになったけど、いやむしろ背後におわします守護神的な。
この3ショット家宝にします。大好きなお二人と。うれしい。

初日を終えてなぜかへとへとになる。
そんなに疲れてないはずなのに不思議と九州ツアーは疲労度がちがう。
ぐったりなトモ子を父村さんと母村さんが実家に搬送してくれます。
そして帰るとねこ様(はなちゃん)が疲れを癒してくれて、HPは満タンになります。




翌日は実家に泊まってたイーガル氏と父村さんと母村さんとわたしの4人で川棚温泉に向かい、
例のあれを堪能します。
そうです、瓦そば。

はい、そうです、父村さんがスーパー部長を務める「元祖瓦そば たかせ」
どうぞ御贔屓に。

瓦そばとの遭遇にイーガル驚嘆。
美味しいって言ってくれたよ。




そして山口といえば離島の数が日本一。
孤留島のある風景をぱしゃり。きれいでしょ。海と島。




離島をたのしんだ後は、北九州に移動して、会場入り。
そうです、この日は聖地88nelsonにてライブ。

もう何度も書いておりますが、88nelsonはわたしが地元愛をこじらせて北九州市役所に電話した時、6件くらいたらい回しにされた後に、ご紹介していただいたキーパーソン白石二郎氏のお店であります。

わたしが初めて九州でライブしたお店もこのお店。
そして九州ツアーに行ったら必ず一度は演奏したい聖地となったお店です。
そんな思い入れのあるお店でイーガル氏との共演。

バルーン大道芸アーティストの「てのひら」さんも参加してくれて笑いの絶えない一夜。
「小粋夜会」ということで買ったばかりのアンティーク着物も着たし。
かわいい女の子や常連さんやネットで調べて来てくれた方など、感謝感謝の一夜。




これまたヘトヘトになって父村さんと母村さんが実家に搬送されて、翌日は「起こさないでください」テイストで午後まで爆睡。起きたら家族水入らずでお昼ご飯を食べて近況報告をして、新幹線に飛び乗るわけです。

向かうは博多天神。
そう、この日は天神といったらこのお店「petrol blue」にてイーガル氏とのライブ。
このお店のセンスがわたしはとても好き。
コースターめっちゃかわいいやんか。




ソロツアーレポートtopに戻る