2012.7/20~23 “Bar Kitchen Tour 2012”


BarKitchenTour2012

2012年7月20日、わたしの九州ツアーが始まった。
何度目だろう。

地元でライブをしたいと言って北九州市役所に電話をしてたらい回しにされたのももう一年以上前。なんだかんだで一年で5回くらい演奏ツアーしたかもしれない。こんなに行ってたら『あいつほんとはこっちに住んでんじゃないの?』というエリッククラプトンみたいな存在になってしまいそうだよ。

わたしは山口県下関市出身で、それなのになぜ九州が地元ツアーなの?といぶかしがる人もいるかもしれない。

北九州はほんとに近いんだよ。隣町というよりもっと近い存在で、色気づいた高校生が寄ってたかってデートをする町、それが北九州。そんな色気づいた町北九州をさらに南下すると、さらに色気づいた町、博多がある。

色気づく度合いで、下関の青年たちは南下してゆくのである。そして色気づききったわたしは今回、むしろ博多から北九州へと北上するというツアーに取り組んだ。
思い出の土地でのツアー。
しかもソロツアー。

東京ではやっていないソロ活動を、九州限定で始め、必死にがんばってるうちに少しだけ形になってしまったという経緯。

出発前日。
CD制作で徹夜。

九州ツアーへの意気込みは尋常ではない。尋常では、ない。

そんな意気込みを表すひとつが限定CDの作成。前回はライブ録音だったけど、今回は東京のおともだちに協力してもらってわざわざスタジオでレコーディングして、曲まで作ってというやる気。


BarKitchenTour2012

「乙女心雨模様」
sax:岡村トモ子
Piano:梅野絵理
Guitar:宮城由泳
Bass:石田じゅん
Per,Dr:岡部量平

1.恋人を我に帰れ
2.珈琲ルンバ
3.Nearness of You
4.Bar Kitchen
5.真っ赤な太陽


そんなCDの制作が前日の深夜に及び、朝を迎え、寝不足で飛行機に乗る。

福岡空港、雨、大雨。
長年の雨女疑惑を確かなものにした瞬間、突然の快晴とともに驚きの梅雨明け宣言が町を駆け巡る。

やってきましたよ、ここに!
ハレオンナがね!ふふふ

さてツアー初日は、ご縁がご縁を呼んだ箱、petrole blue。
店長のこいでさんは昔ゴールデン街で働いていたのだそう。ニアミス。

リハの前に早めに行って、前回のツアーで知り合ったデザイナー聡子さんのモデルをつとめる。恐縮です。素敵な浴衣を着せてもらう。きゃほ。


BarKitchenTour2012

褒められながら写真を撮られてると、ツアーメンバーが到着。
Piano久保田浩さん、BassYUKIさん、Gt白石じろうさん。
みんな九州在住で、いつもわたしのツアーを手伝ってくださっている有難い方々。足を向けて寝れないやつです。

さっそくリハ。
今回はオリジナルもあったし、カバーものもアレンジ凝ってたりしたから、入念にリハ。さすがに手練れのみなさまはすぐにわたしの意向を汲み取ってくださった。羽毛布団のような人々だねもう。

こいでさんのつくる最高に美味しいジンリッキーをライブ前からいただき、おかげさまで演奏にも力が入る。相変わらず感情移入しまくる演奏でハァハァ言いながらライブ終了。


BarKitchenTour2012

前回来てくれていたお客さんもけっこう来てくれてて感動。これを世間ではリピーターと言う。ありがとうございます。

燃えきったライブ後は焼き鳥打ち上げ!
よく考えたら徹夜明けだったけど3時過ぎまで飲んでたな。いろんな話が聞けてたのしかった。


ツアー二日目。
博多を後にして北九州市八幡Take5へ。
梅雨明けした九州はあつい。。。

Take5はライブスタートがとても遅い。
今回は21時半から。じわじわとお客さんが集まってきて、2ステージ終えて、24時過ぎたころ、またお客さんが。ほんんと夜更かしさんの多い町、八幡。

だいぶ経験値の高そうなマダムがご来店したので、彼女たちのためにもう1ステージやることに。そんなことじゃないかと思ってたぜ。だって前回Take5でやったときも夜遅くまでフィーバーして、ハイボール飲みすぎてLeft Alone吹いたらえらい気持ちよかった記憶があるぜ。


BarKitchenTour2012

ここではけいかさんとようへいくんという新しいお友達も増えた。イベントスタッフやDJやってるお友達。ほんとに人見知りで社交性欠如してていじめられたりいじめたりしてた小中高生の頃の岡村トモ子に声をかけてやりたい。「トモ子、将来北九州におともだちゼロの段階からけっこうできるよ」と。

ライブはマスターに好評いただいた。前回よりうんと良かったと。あんまりお世辞とか言わなさそうなマスターなので信じることにした。ちなみにマスターは来月、出場者が欠乏したバンドコンテストに出場するらしく、今のところ、マスターのバンドしかエントリーしていないため、優勝決定していることをエキサイトしながら話していた。優勝おめでとうございます!

ライブ終わったのが何時だったんだろう…。
とりあえず宿の近くについたのが3時半だった。

今回の宿は地元の友人のマンションのゲストルームを借りてたんだけど、その宿が関門海峡沿いだった。3時半に関門海峡の海を目の前に茫然。ベンチに座って疲労感の中、ぼけーっといろんなこと思い返してたら4時に。九州ツアーをするといつも感情的になる。たくさんの人の協力に感謝しながら、ひねくれたわたしは懐疑的になったりもする。なんでこんなに良くしてくれるんだろう。

高校生の頃、いつも眺めていた関門海峡を28歳になってツアー中に眺める。変な感じ。と同時になんかよくわからん気持ちがこみ上げてきて涙を流す。ははは。潮風がしょっぱい。


BarKitchenTour2012

部屋に戻って、布団を目前にソファで撃沈。


ツアー3日目。
楽しみにしてたイベント、「スナックサボテン」@黒崎。

今ツアー唯一のイベント。あとは全部ワンマンだったから、ほかの出演者がいるイベントというのが楽しみでならなかった。

しかも九州ツアーをきっかけに仲良くなったサボテンと。
サボテンも岡村トモ子も東京にいるのに九州で仲良くなって、今は東京でもよく一緒にイベントに出演してたりする。世間はこれを逆輸入という。

猛暑の黒崎駅ではおやじバンドのベンチャーズ演奏が漂う。
お祭りもあったみたいで、ベンチャーズと相まって異様な活気、黒崎2012。

ソロツアーレポートtopに戻る