2012.1.7 "岡村トモ子 NEW YEAR LIVE 2012"


NewYearLive2012

2012年は1/3まで東京でライブをしていた。
しておいてなんだけども、やっぱり年越し、年明けって言うのは故郷で過ごすのが一番だと思う。

いや、でも今年の元旦ライブとかすごい良かったけどね笑。
なんかすごい感動したし、メンバー揃って新年を迎えられたことに心から感謝もした。最高の幕開けだとも思った。

でもまぁ生まれてから何年も、同じ家族と、同じ順序で同じ行事して、同じ場所で迎え続けたのが「お正月」だからね。

家族が欠けてたこともざらにあったけどなー。
思春期の心がとても痛かったのを覚えてる。
「いつものお正月」ってのは心のどこかでものすごい安定感を与えてるのだよきっと。

お節の中身を作るのは母で、重箱に詰めるのはわたしで、横から笑顔でリクエストするのは姉で、門松をつくるのは父で。んで、横には二匹の猫と一匹の犬と。最近は甥っ子ヒーローがわめいてて。とか。どーでもいい役割が何年にもわたってなんとなーく、それでいて確固に守られてるなんていいじゃん。すごいいいじゃん。

さて、そんな大切なお正月を東京で迎え、1/3まで突っ走ってボロ雑巾のように疲れ果てて、帰省したのが1/4、雪降る山口県下関市。

寒さでほっぺたがピシッとなる。
見慣れた家族が迎えに来る。

お正月だ。ようやくわたしのお正月がきた。
わたしの2012年は1/4から始まった。

今年の目標は「不撓不屈」

昨年開拓に勤しんだ故郷での活動、今年はもっともっと展開させてやろうじゃないか。
故郷に新しい自分の居場所をつくろうじゃないか。
そして素敵なおんがくを少しでも伝えようじゃないか。屈しない。

帰省翌日は何もしないと決め、朝から一人で庭を眺め、朝から美味しいお屠蘇を飲みながら、幕開けた新年への意気込みを心の中で何度も反芻した。

ようやく「いつものお正月」を堪能し、ありったけのお餅を食べて英気を養ったわたしの故郷ライブ初めは1/7。

前回に引き続き、恩人じろうさんのサポートで実現した、門司BRICK HALLでの"NEW YEAR LIVE2012"

昨年の2011年10月に門司港駅前にオープンしたUMINEKOというカフェのオーナーさんがやっているホール。


NewYearLive2012
NewYearLive2012

めちゃくちゃオシャレ。
住みたい。
いっそ住みたい。


NewYearLive2012
NewYearLive2012

そう、UMINEKOといえば、たまたま昨年のCARAVAN TOURの期間中にオープンしたというお店。
せっかくツアー中だし日程も合うしということで、急遽オープニングセレモニーで演奏させていただいたという、ご縁のあるカフェ。

そのご縁が、巡り巡って今回のライブを実現させたと思うと、やっぱり小倉市役所には頭が上がらない(笑)

(詳しくはCARAVAN TOURレポで)


NewYearLive2012

九州でのソロツアーは4回目。
2011年の6月の88nelsonでのゲストセッションライブ、
10月のCARAVAN TOUR2011、11月のK&Mライブ。

そして今回のNEW YEAR LIVE2012。

4回目ということで、少しだけ慣れてきたわたし。
リハーサルに向かうわたしの足取りもややるんるん。

それでも故郷ライブはいつも緊張する。
東京のそれとは比べ物にならないくらい。
っていうか違う種類の緊張だね、これは。








2012.1.7.Sat.

@門司BRICK HALL
【出演】
 岡村トモ子 / サックス 長門ノブタカ / トランペット 久保田浩
 ピアノ YUKI / ベース
【開場】18:30【開演】19:30
【料金】前売り2,000円 当日2,500円(要1ドリンクオーダー)
【お問い合わせ】BRICK HALL / 093-391-4411









ソロツアーレポートtopに戻る